アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
都市化に合わせた生活スタイル
書類を持つ女性

昭和30年代や40年代の高度経済成長に合わせて、大都市の人口が著しく増加したために、住宅の歴史はマンションで象徴することが可能です。
特に大量にファミリー向けの物件を供給する必要があったので、規格化された建築スタイルの物件が多い点が特徴的です。
またオイルショック後の低成長の時代には、マンション販売のペースが緩やかになったので、各物件の面積が広くなったり設計も個性的になったのです。
そして購入者の所得がアップするにつれて、更にグレードの高い物件を購入するようになったので、不動産売却サービスへのニーズも高まったのです。
特にこの数年間に、インターネットを駆使した様々な売買方法が発達したので、今まで以上にスムーズに売却できるようになったのです。

未来の姿

今後は少子高齢化が進むために、国内の人口が減少することが予測されており、中古物件の流通システムの整備が重要です。
特に高度成長期に分譲された物件を効率的に売買するためのシステムが求められているのです。
そのためにはインターネットを使った物件情報の公開も重要ですが、中古マンションの評価システムの整備も求められているのです。
一定のルールにしたがって中古物件を評価する仕組みができることで、誰もが中古物件を安心して購入できるようになるのです。
また信頼性の高い中古物件が流通することで、売却を希望する場合にもスピーディーに買い手を見つけられるのです。
そしてシステムの整備で不動産業界を活性化することができるのです。

どのような業者に依頼するか

マンション売却を行うためには、仲介を行う不動産会社に依頼することになります。
そのような不動産会社は数多くあるために、どこに依頼するのかも大切なポイントとなります。
これまでは地元の仲介業者に依頼することが一般的だったものですが、ネットの普及によってどの地域においても売買相場が開示されています。
そのために、どの業者であっても大体同じような価格の査定を出せるようになってきています。
あとは、それぞれの会社における営業力などによって実際に売却できる価格は決まってくることになります。
そのために、まずはネットで複数の仲介業者にまとめて査定依頼を出せるサービスを利用するのが効率的です。
その中で候補を絞るのが便利な方法です。